ドジマジ娘の憂鬱

dummy

こんばんわ!


黄昏竜です。
dummy
え?
とむさんはどうしたって?
dummy
うふふきまってるじゃないですかー
dummy
ぐぅ!!!
dummy
ね!!
dummy
ひさしぶりにやらかしおった・・・。
ちかっぱ寝よる!!w
(博多弁:ちかっぱ=超、とっても、力いっぱいの意)
dummy
やー、というわけで晴れるちゃん。
今日は私がお届けするよ!
dummy
んむ。
くるしゅうないぞ。
そして竜ちゃん?
dummy
はいはいなーに?
dummy
今日は何をお送りしてくれるの?
dummy
そうねー。昔の話ばかりであれなんだけどねー。
それがこのコーナーの趣旨みたいだし?
今回は私のマジ時代とか、当時の狩場の話とかしてみましょうか。
dummy
おー!
dummy
私が生まれたのはゲフェンでねー。
魔法が有名な都市だったんだけど、魔法学校で転職するのよね。
当時は面倒な転職試験があって素材集めからはじめてねー。
マジシャン転職条件
調合薬は以下の4種類のいずれかを要求される。
・前提 ノービスであること
・条件 基本スキルLv9(ノービスJobLv10)
・場所 ゲフェン魔法学校(ゲフェンの10時方向)
・手順
1・ゲフェン魔法学校内にいるギルド関係者に話しかけ、転職申し込みをする。
2・試験として指定調合薬を作ってくるように言われ、空の試験管を渡される。
3・調合薬の製作方法を魔法学校内の本棚で調べる。
4・必要材料を揃え魔法学校内のアイテム組合機で調合薬を製作する。
5・出来た調合薬をもって再度ギルド関係者に話しかれば転職完了。
・支給品 なし
調合薬 材料 媒介 魔法の粉
公式混合液<1>ゼロピー2個
綿毛3個
ミルク1個
フェイヨン水溶液1個
イエロージェムストーン 8472
公式混合液<2>ゼロピー3個
綿毛1個
ミルク1
レッドジェムストーン 3735
公式混合液<3>ゼロピー6個
綿毛1個
フェイヨン水溶液1
ブルージェムストーン 2750
公式混合液<4>ゼロピー2個
綿毛3個
モロク水溶液1個
透明な宝石 5429
その他
・媒介、魔法の粉はアイテム組合機に内蔵されているのでアイテムは必要ない。
・フェイヨン/モロク水溶液は、各町に居る水溶液アルバイトが50zで販売している。
・購入には空の試験管が必要。

dummy
という具合だったのよ。
dummy
・・・・・・は?
めんどくさ!!!!
dummy
ねーwwww
dummy
いやーもうフェイヨン水溶液とかさー、
モロク水溶液とかさー。
当時キャラスロットも1アカウントに3スロットしかなかったし、商人キャラを 皆そろえてるわけでなかったし、お金もないし?
dummy
歩いてフェイヨンまで買いに、とかね。
dummy
しかも売ってる人がどこに居るの?
とかそういう情報も無いわけ。
今考えると涙ぐましかったなぁって・・・。
dummy
いや聞いてるだけで涙目になるんですがw
ゲフェンからフェイヨンって結構遠いよね・・・?
dummy
安心してください!
2010/9/28パッチで転職試験がなくなりました。
dummy
わー、ばんざーい。
dummy
雰囲気は嫌いではなかったんだけどねー。
世界観あったしさぁー。
だけどねー、あちこちお使いが多くてねー。
早く遊びたいのに時間ばっかりかかるわけ、一番最初なのに!
dummy
もー、当時はその辺のサービスが最悪でさー。
割とノーヒントでアイテムとって来いとか、そのポイントに行ってイベント発生させて来いとか
dummy
そう考えると今はどんだけゆとりかってのが解るね・・・。
dummy
いやー、そういう問題ではないと思うけどねw
dummy
まーとにかく。
世の先人たちが残した情報攻略サイトがないとホント無理だったよね。
dummy
ROはそういった愛溢れるプレイヤーがそれぞれ残した攻略情報サイトのおかげで にぎわったといっても過言ではないですよね!
dummy
そうね!
みんな愛がすさまじかった!
dummy
数あるサイトが出ては消えて行ったけれど・・・私の頃からあるといったら
D-liste[ラグナロクオンライン情報サイト]さんとか
R.O.M 776 さん
かしら。
dummy
びっくりする事に。
D-listeさんは今でもしっかり更新されているという
開設は2002年。
さすがですねー。
dummy
うをを。
すごい。年月の重み!
dummy
私の頃だと
RAGTIMEさんとか・・・だったけど。
2013年くらいから更新が止まっちゃってねぇ。
dummy
RR化とか、RO内のバランスが大きく変動した時期でもあったし プレイヤーが一気に減った時期でもあったかなぁ。
更新が止まったのはリアル事情かもしれないけれど、当時は大変参考にさせていただきましたー。

閑話休題!

dummy
そんでね。
まーようやく転職をして、最初の狩場はやっぱりカタシムリなんだよね。
dummy
カタシムリ・・・ね。
dummy
うん、最初はそれなりにおいしくてポリンの後は
「アンバーナイト」ことカタシムリだった。
見た目がまんまカタツムリでね。
そのうえ、ドロップするのが「カタシムリの皮」なのよw
アンバーナイト
dummy
「カタツムリの皮」じゃなくて?
dummy
う?
あー、うーん重力語がそのまま残ったタイプだよね。
dummy
重力語!?
それ前にも聞いた!
dummy
え?
ぁー・・・とむ姐さんからの話題にも出たのね?
じゃあとむ姐さんからお話があるのをまとう!
dummy
えー?
もう引っ張らなくていいじゃないよー。
dummy
まーまー、それまで話し出すとページが長くなるよ?
dummy
う”
長すぎるのはちょっと・・・。
dummy
でしょう?
というわけでほら続きいくよー!
dummy
カタシムリのあとはねー。
きっしょいのがいるのよ。
「赤いも」って言うんだけどね。
dummy
「赤いも」・・・?
コイツ。

dummy
ぉぉー。
きっしょ!



うん、正式名「アルギオペ」
赤い体に気持ちの悪い攻撃グラフィックとSEから非常に知名度の高いモンスター。

RO黄金期には「マジシャン」のスキル「ファイヤーウォール」を上手く扱う練習台、
そして登龍門として ―――、




dummy
君臨していた・・・・・・のであった。
dummy
さすがに過去形ww
dummy
うん。
もはや「赤いも先生」を通らずともさっくり育てられるのでその恐ろしさも恩恵も知らない人が増えたんじゃないかなぁ。
dummy
・・・・・・「アルギオペ」なのに何で「赤いも」?
そんな芋っぽくもない気がするけど・・・?
dummy
うーん芋虫みたいだから・・・?
dummy
いやむしろムカデなのでは・・・?
dummy
ちょっと思い当たるのは・・・。
ムカデじゃないやつ・・・かな。
dummy
え・・・・・・?
dummy
えとねー、サンヨウベニボタルって言ってね~。
歩く三葉虫って言われてる虫がいてねー。
dummy
えーっとこんな虫なんだけ・・・
ど・・・。
dummy
やめて!張らないで!!
dummy
えー?意外とかわいいよ?ホラ・・・
dummy
だが断る!
dummy
もー、仕方ないなぁ。
興味あるひとは検索して見てね☆
dummy
甲殻っぽいのを前後収縮して歩く様子がねー、似てるんだよ。
ムカデはウネウネくねらせて動くからね。
足も使うけど。ちょっとちがう。
dummy
うん、わかるけど控えよう
ハイ!この話はやめやめ!
dummy
・・・晴れるちゃん意外と虫系ダメ・・・?
dummy
・・・・・・のーこめんと。
dummy
ニヤニヤ。
dummy
な、なにかな?
dummy
いやー、思わぬところで弱点を知ったなぁと。
dummy
・・・・・・ぐぬぬ。
いいからつづけてくださいよ!w
dummy
そうねww

続けよう!







さて、ゲフェンの上のほうに広がるミョルニール山脈地域。
ちょうどグラストヘイムの手前に位置するのがこの地方。

山を越えなきゃいけないのでそこにはいろんな動物、植物のモブが多いわけ。

ふろーらさんです!

その植物のモブはこれがまた結構強かったんだけど植物系はその場から基本動けないから
遠距離攻撃のマジシャンには格好の的!

それもあってマジシャンの狩り場はこの山になることが多かったんだよね。
だけど邪魔だったのは赤いも先生で、近寄られて一撃もらうとそれだけで即死レベルだったから、みーんな「ファイヤーウォール」の縦置きで近寄ってくるのをガードしつつその間に「ボルト系魔法」でトドメさせるようにプレイヤースキルを磨いてたんだ。







dummy
はー、竜ちゃんも苦労したんだねぇ。

dummy
おいしい狩場にはリスクはつき物。 ってね!
dummy
いまだとAGIあげて回避しつつボルトで一気に殲滅!って手法でやれてるけど、当時はFLEEあげての回避力は今ほど優秀じゃない印象だったし、フェンカードでの詠唱妨害無視は高価で中々手が出ない代物だったからねぇ。
dummy
はー、竜ちゃんって・・・
dummy
ん?なにー?見直した?
dummy
やー、ちゃーんとINT鍛えてる人だったんだなぁって。
dummy
それ言外に私がバカだと言ってない?!
dummy
気のせいじゃないかな!

今回はこの辺で!

おまけ。

そのころとむさんは・・・・・・

どどーん マンドラゴラボウリング!
ぱかーん!
すとらいーく

マンドラゴラボウリングの夢を見ていた。

次回をお楽しみに!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です